月別アーカイブ: 2016年3月

12年同棲した彼が出て行った夜、彼が心変わりした理由と私の決意

12年同棲した彼が出て行った。

私には、今起こっていることが現実のものとは信じられなかった。12年という年月は、こんなにあっけなく消え去ってしまうものなのか。

悲しさを紛らわす方法

その夜、私は完全に混乱していた。涙がでてきて、嗚咽が止まらなかった。こんな仕打ちをした彼がにくいと思った。苦しかったし、こんなふうに私を苦しめた彼のことを憎んだ。あんなに慈しんだ彼のことを、心から憎いと思った。

冷蔵庫から、栓が開いている赤ワインのボトルを出した。ワイングラスに赤ワインを注ぐと、二人で笑いながらいっしょに赤ワインを飲んだときのことがよみがえって、つらかった。

この悲しみとくやしさを、どこにぶつければいいのかわからない。

ガラス戸棚のガラス越しに、ポテトチップスの袋が見えた。彼は、子供みたいにスナック菓子が好きで、これも彼が自分で買ってストックしていたものだ。

それを乱暴に取り出し、引き裂くような勢いで封を開けて、口いっぱいにほおばった。涙が止まらない。噛めば噛むほど、涙があとからあとからあふれてきた。

食べても食べても満足できなかった。頭がおかしくなっていたんだと思う。ポテトチップスの袋はあっという間に空になり、その奥にあった別のスナック菓子を開けて、また口に詰め込んだ。

後悔と恐怖

怖かった。一人になるのが怖かったのだと思う。40歳手前にして、12年幸せな時間をいっしょに共有してきた彼を失った。彼にとっての12年は、私の12年ほども重みがなかったのかもしれない。彼にとっては、惰性の12年だったのかもしれない。でも、だからといって、こんなふうに裏切るのは許せない。

ワインとスナック菓子。ワインボトルが空になったら、次のボトルを開けた。スナック菓子がなくなったから、ちなくのコンビニに買いに行った。化粧もしないで平気だった。かごいっぱいにスナック菓子を買ってかえって、ソファでひたすら食べた。

テレビがつけっぱなしだった。

時間の感覚がなくなった。

日中は、ワイドショーを聞きながらスナック菓子を食べ、夕方はニュースを聞き流しながらワインを飲んだ。ゴールデンタイムの連ドラは、恋愛話ばかりでうっとうしかった。

彼のものを見る度に、思い出がよみがえってきて、涙が出た。怒りとくやしさと悲しみで、胸が張り裂けそうだった。こんな苦しい思いをさせる彼のことを恨んだ。

そして、3日が過ぎ、4日目の朝。ベッドで目覚めた私がびっくりしたのは、大量の髪の毛が抜けて、枕にびっしりついていたことだった。

彼が浮気した理由

その抜け毛の多さに仰天して、慌てて浴室の鏡を見た。そこに映っていたのは・・・、髪を見出し、肌がボロボロで、ぶよぶよと脂肪に埋もれた山姥のような40女だった。

「醜い・・・」

はだけた胸からは、あばらが丸見えで、下腹部には脂肪が層になっていた。

このとき、私は、自分が愚かだったと気づいた。私はこの12年、何の努力もしてこなかった。私はどんどん年を取り、こんな醜いオバサンになった。彼は、イケメンで私よりも7歳も若く、こんな山姥とは釣り合わない・・・。

くやしくて、涙が出た。彼のことを疑いもしなかった自分がバカだったと思った。

彼は、もともと浮気性な人ではない。私は、自分に何も手をかけてこなかった。彼との愛情に甘えて、自分を少しも磨いてこなかった。そのツケが回ってきたんだ。これは、私の怠惰が招いた別れだった。

私の決意

「くやしい」

心の底から悔しいと思った。涙が出た。時間を巻き戻したいと思った。自分はなんて、怠け者だったんだろう。私がどんどん老けて醜くなっていくあいだ、彼は、輝いていた。彼が、他の女に魅かれたのは私が油断したからだ。

このとき、私の胸に、強い決意が沸き上がった。鏡の中の山姥の目を見つめながら、私は決意した。

「ぜったい、きれいになって、見返してやる・・・!」

7歳年下の彼に告げられた突然の別れ

12年付き合った彼氏に突然の別れを告げられたのは、去年の正月だった。

その日、彼は韓国から出張で帰ってきたばかりなのに、出迎えた私にいつものように笑いかけてはくれなかった。その時、違和感は感じたものの、「疲れているのかな」と思っただけで、気にも留めていなかった。

突然、別れを切り出す彼

荷物を片付けて、ちょっと一息ついたとき、

「ちょっといいかな」

と言われて、ダイニングのテーブルに二人で座った。そして、彼は

「ごめん、俺、好きな人ができた」

最初、何を言っているのか、よくわからなかった。

彼は私より7歳年下で、すでに12年同棲している。結婚はしていないものの、このまま二人で年をとっていくんだと思ってた。そんな、彼から突然別れを告げられるなんで、予想もしていなかった。

「別れたい」

念を押すように彼はそう言って、じっと私の様子をうかがった。

彼には年下の女がいたという事実

私の頭の中は、真っ白で、いったい何を言えばいいのか、とっさにわからなくなった。

「別れたいって、私と・・・?」

「うん」

彼は、私の沈黙に耐えられないように、新しい彼女のことを話し始めた。

彼女は彼よりも5つ年下で、3か月前、上海への出張のときの飛行機上で知り合ったらしい。彼女は同時、上海に留学していて、今は韓国にもどっている。最近彼が韓国出張が多かったのは、すべて韓国にいる彼女に会うためだった。もちろん、今回も。

その彼女は、日本に来るつもりでいて、二人でいっしょに住むという話にまですすんでいるという。

「ちょっと、待って!」

やっとの思いで、口に出した。

結婚を望んでいなかったわけじゃない

「その彼女は日本に来るつもりでいるの?」

「うん」

「ここに? いっしょに住むつもり?」

「うん・・・」

「・・・結婚するの?」

「したいと思ってる」

私には離婚歴がある。だから、昔彼が籍は入れたくないと言ったとき、それでも別にいいと思った。結婚という形式に縛られるのに、嫌気がさしていたという気分もあった。でも、だからといって、彼と結婚したくなかったわけじゃない・・・!

「彼女は、年下なの?」

「うん、5つ下」

怒りが突然やってきた。

「私は、・・・私とは、12年一緒にいて、結婚したくないって言ったクセに、私より若くてきれいな、3か月前に出会ったばかりの韓国女と結婚するわけ・・・?!」

くやしいことに、涙があふれてきた。

彼は、いたずらをして叱られた子どもみたいに、黙った。

怒りと悲しみが襲ってきた

「私は・・・、私は、このまま、ふたりで年をとっていくんだと思って・・・」

涙で声が出なくなった。自分でも、こんなに冷静でいられなくなるとは、意外だった。彼のことを失いたくないと思った。

でも、同時に、彼女と知り合ってから3か月も、私に彼女との関係を秘密にしていたことが腹立たしかった。今まで、浮気を疑ったこともなかった自分がバカのように思えた。彼は不誠実だと思った。でも、彼のことを責めたくても、嗚咽で言葉にならない。

自分でも「結婚」にこだわっているつもりはなかった。でも、「結婚」という言葉が、私の胸に痛いようにしみた。

彼は、困り果てていた。私がこんなに取り乱すとは、思っていなかったのだろう。

「今で、結婚したいなんて、言わなかったし」

彼のこの言葉に、怒りが爆発した。

「どうしてよ! 結婚したくないわけないでしょ。12年も一緒にいたのよ? 私、今いくつだと思ってるの?! もうすぐ40になるのよ! 今から新しい人を見つけて、結婚しろっていうの? 私の12年って、何だったわけ? 冗談じゃない!」

言葉と涙が止まらなった。

「結局、若い女が好きなだけでしょ?! 今すぐ出て行って! 私の前から消えてよ!」

彼との12年の終わり

彼は、息をのんだように黙り込み、そして、低い声で言った。

「わかった」

これで、終わりだと思った。彼を失うんだと。それでも、私たちの12年が終わることは、まだ実感できなかった。

彼は、荷物をまとめ始めた。引き止めたかった。でも、私にだって意地がある。それに、彼のことを許す気にはならないし、不実をはたらいた彼のことを「汚い」と思った。

「あとの荷物は、あとで取りに来る」

ドアが開いて、閉まり、彼は出て行った。私たちの12年は終わった。

HANAオーガニック

天然100%国産オーガニック化粧品・HANAオーガニック(HANA organic)

さまざまなスキンケアブランドが林立する今、ひそかに注目度が高まっているのが“100%天然”“国産”をモットーにしたオーガニック化粧品「HANAオーガニック」です。今回はそんな気になる化粧品について、口コミから効果まで、たっぷり研究します。 続きを読む